古民家情報

南部の家(建物のみ)

建物種別:
大黒柱

大黒柱

所在地 山梨県南巨摩南部町
築年数 120年程度
階数 木造二階建て
延床面積 163.6㎡(一階31.5坪、二階18坪、延坪49.5坪)
構造 伝統工法
条件 建物のみ(移築再生)売買可能。
弊社HP「古民家情報」内に掲載の古民家・古材の販売につきましては、原則として弊社にての工事施工が条件となりますので、あらかじめご承知おき下さい。
主な特徴 大黒柱(33cm×41cm)と小黒柱(14cm×20cm)ともにケヤキ材。これらが差鴨居で繋ぎ固められており、天井は土間と和室①が1.1尺ピッチの繁梁となっている。ほか、主要柱は14cmと太いものが使われている。
大黒柱から差鴨居が伸びる姿は民家の力強さを感じさせ、良く磨き込まれた光沢のある柱と整然と並ぶ繁梁が民家の美しさを演出している。

繋梁

繋梁

板戸

板戸

二階

二階

外観

外観

nanbu 平面図