古民家情報

建主様求む・「三つの守り」の家を造りませんか

建物種別:

2010年3月20日、イベントでの皮むきの様子

伝匠舎は日本の山を守りたい・・・そのために弊社では外国産材を使いません。
伝匠舎は日本の技を守りたい・・・そのために弊社はプレカット工場に出しません。
伝匠舎は日本の原風景を守りたい・・・そのために弊社は伝統的な建築に学びます。

この「三つの守り」の家、それは大断面の柱や梁を使って造る家。そのために山から旬のいい丸太材を調達、これを1年間寝かせて乾燥させます。平成22年3月20日のイベント「いにしえの技術で丸太を製材」はそんな意味をもって行いました。
いにしえの技で日本の誇れる民家を造りませんか、伝匠舎が心を込めてお手伝いします。

皮をむいて屋根下に格納し、1年間自然乾燥させる丸太材15本

材種はマツとクリ、長さは3間(5.4m)〜4間(7.2m)

材種はマツとクリ、長さは3間(5.4m)〜4間(7.2m)

太さは1尺(30㎝)から2尺(60㎝)、クリは大黒柱に使用

山で使用木材を打ち合わせる