古民家情報

立山町・枠の内 ※商談成立

建物種別:

柱の上に梁が架かる、建具は帯戸(板戸)

柱の上に梁が架かる、建具は帯戸(板戸)

所在地 富山県魚津市近辺
築年数 110年程度
階数 平屋建て
延床面積 9坪(30㎡)
構造 伝統工法
主な特徴 7寸角のケヤキの柱が10本、同じくケヤキの1尺3寸の差し鴨居と胴貫が2段、室内をぐるりとめぐる。この上に太い梁は二重三重に架かり高い天井を支えている。残る旧建具(板戸)は6枚。
再生を前提としたコメント いわゆる「枠の内」と称される構造体。雪国であるために発生した頑強な化粧構造材の架構は、あくまで力強く美しい。天井高さ4メートル、床面積30平米の空間は決定的な存在感を発揮し、住宅に使用するにしても店舗に使用するにしても、中核的な見せ場となることは間違いない。

※弊社HP「古民家情報」内に掲載の古民家・古材の販売につきましては、原則として弊社にての工事施工が条件となりますので、あらかじめご承知おき下さい。

物件入手の経過から写真資料少なし、格納済み実物を確認ください

ケヤキの柱と差し鴨居と貫2段

ケヤキの柱と差し鴨居と貫2

 

太い梁が3重4重と架かっている

太い梁が3重4重と架かっている

太い梁が34重と架かっている

枠の内外観(解体中)

枠の内外観(解体中)

調査図面