トピックス

2017年4月24日

本隆寺で昔ながらの上棟式

上棟式の棟飾りを装った御本堂 棟には五色の旗がひらめいて、鶴亀の鏑矢(かぶらや)が天地を射る

上棟式の棟飾りを装った御本堂
棟には五色の旗がひらめいて、鶴亀の鏑矢(かぶらや)が天地を射る

平成29年4月23日、南アルプス市百々(どうどう)にある日蓮宗の顕受山本隆寺(けんじゅさん ほんりゅうじ)で、昔ながらの上棟式が行われました。

槌打ちの儀 堂内には大きな槌音がとどろいた

槌打ちの儀
堂内には大きな槌音がとどろいた

棟梁の「千歳棟、万才棟、永々棟」の掛け声にあわせて、棟に上った二人の大工職人が棟木に槌を振り下ろします。

多くの檀信徒が集まる中、餅まきが始まる

多くの檀信徒が集まる中、餅まきが始まる

ステージに上っているのは岡副住職、総代役員、棟梁職方の面々

ステージに上っているのは岡副住職、総代役員、棟梁職方の面々

築年代不詳の本堂。老朽化が進んだことと、後世の改修によって建立当初の原型が不明瞭なことなどから修復を断念、改築が計画されました。

弊社のスタッフ一同、設計士、監督、棟梁はじめ職方の面々

弊社のスタッフ一同、設計士、監督、棟梁はじめ職方の面々

新しい本堂は総ヒノキ造りで、日蓮宗の特有の縦長の平面を持ち、正面に大唐破風の向拝を配する堂々とした建造物です。現在、本年11月の竣工を目指して、安全第一で工事が進められています。