お知らせ

2016 年 10 月 8 日

草木染は化学結合!

自然な優しい色合いの作品が完成

自然な優しい色合いの作品が完成

平成28年10月、山梨県甲斐市の黒富士農場内にある「野の学校」の教室で、草木染の教室が開かれました。講師は野の学校のメンバーで「さをり織り あとりえ510」を主宰する後藤紀子さん。

講師の後藤紀子さん(野の学校メンバー) 「さをり織り あとりえ510」を主宰

講師の後藤紀子さん(野の学校メンバー)
「さをり織り あとりえ510」を主宰

染色前の木綿のストール(精錬済み)を温水で洗って準備完了

染色前の木綿のストール(精錬済み)を温水で洗って準備完了

染料にする五倍子(ごばいし)はヌルデの葉にできる虫こぶ

染料にする五倍子(ごばいし)はヌルデの葉にできる虫こぶ

弊社代表の石川も「野の学校」のメンバーとして参加。還暦を過ぎてから初めて知った日本の伝統技術に驚き、その自然な優しい色合いに深く感心したのであります。

まず五倍子を煮た染料液に2分浸します

まず五倍子を煮た染料液に2分浸します

次に焙煎液(ばいせんえき)に2分浸すと紫がかった黒色に発色

次に焙煎液(ばいせんえき)に2分浸すと紫がかった黒色に発色

何度かこの工程を繰り返して染色が完了

何度かこの工程を繰り返して染色が完了

黒富士農場「野の学校」は、高台に建てた手作りの山小屋を宿舎とし、さまざまな業界で活躍する方々を講師に招いて交流を深めています。

作業終了後に歓談する野の学校メンバー

作業終了後に歓談する野の学校メンバー

野の学校の教室(黒富士農場内)

野の学校の教室(黒富士農場内)