伝匠舎が造る新築住宅 大黒柱と大梁が見える家

伝統の木組みの構造美と
無垢の木がつくりだす心地よい空間

手刻みの大黒柱と太い梁や差鴨居をがっちりと組み上げた美しい木組みを、あらわしにする。伝匠舎の新築住宅がめざすのは「構造そのものが意匠として成り立つ」明快で力強い美しさ。それは、この地の気候風土の中で職人たちが育んできた甲州民家の伝統でもあります。

木地そのままの飾らない美しさ、肌当たりのやわらかさ、香り。水分を吸放湿してさらったした空気をつくる「調湿機能」。製材した山の木をそのまま使う「無垢の木」には、五感にはたらきかける「心地よさ」がいっぱい。「木の家」といっても、使っている素材が木をスライスして工業的に貼り合わせた集成材や合板であったり、木の表面を覆い隠してしまうのでは、木の本来のよさや美しさは発揮されません。無垢の木をあらわす家づくりは、一本一本の木と向き合ってそのよさを引き出す職人だからこそできること。工業化した大量生産体制の住宅産業では、不可能です。

「職人の手仕事」による社寺建築、古民家再生を手がけてきた私たちだからこそ、木の性質を生かし、自然で心地いい新築住宅を造ります。「無垢の木」を生かす家づくりは、伝匠舎にお任せください。

自然の摂理に添った家は
長持ちします

パンテオン(左)と、パルテノン神殿(右)

木には木の、石には石の、鉄には鉄の「造り方」があり、それに合う工法の建造物だけが長持ちするのです。木構造を石でなぞったパルテノン神殿は「遺跡」となっている一方で、石に相応しいドーム構造のパンテオンは、1900年の時を経てなお現役だという事実が、それを証明しています。木は、木の性質に合った使いかたをしなくては、もったいない! 「宝のもちぐされ」です。700年以上前に遡る創業以来、一貫して「木」とつきあい続けてきた伝匠舎は「木構造にこそ相応しい建築物」を造ります。

山梨県甲州市にある国宝「大禅寺」。関東髄一と言って良い、鎌倉時代の名建築。
太い柱で太い梁をうける門型の柱梁構造。木構造の真骨頂です。

もっと詳しく

木を生かしきる日本の大工の技
伝匠舎では「現役」です

日本の大工職人は木の良さを最大限に引き出す「木組み」の技術を編み出してきました。地面から屹立する大黒柱に梁を架け、差鴨居を差す「四方差し」は、その真骨頂。パズルのように組み上げられる材の一本一本には、このように複雑な「仕口」が、手刻みで加工されます。難易度が高く、手間もかかるものですが、大工職人にとっては技の見せどころで、やりがいのある仕事です。職人がはりきって腕をふるう仕事は、仕上りの質の高さにあらわれます。文化財の保存修理や古民家再生はもちろん、伝匠舎の仕事はすべてが手刻み。まっさらな木を一から手刻みできる新築住宅であれば、喜んで腕をふるうことはなおさら。その家はまさに「職人仕事の結晶」となります。

木を生かしきる日本の大工の技
伝匠舎では「現役」です

日本の大工職人は木の良さを最大限に引き出す「木組み」の技術を編み出してきました。地面から屹立する大黒柱に梁を架け、差鴨居を差す「四方差し」は、その真骨頂。パズルのように組み上げられる材の一本一本には、このように複雑な「仕口」が、手刻みで加工されます。難易度が高く、手間もかかるものですが、大工職人にとっては技の見せどころで、やりがいのある仕事です。職人がはりきって腕をふるう仕事は、仕上りの質の高さにあらわれます。文化財の保存修理や古民家再生はもちろん、伝匠舎の仕事はすべてが手刻み。まっさらな木を一から手刻みできる新築住宅であれば、喜んで腕をふるうことはなおさら。その家はまさに「職人仕事の結晶」となります。

美しく力強い木組み空間を
堅牢な外皮でくるむ「蔵型住宅」

現代の家づくりに求められる「耐震性能」や「省エネ性能」を満たしつつ、無垢の木を組み上げた室内空間を実現する住まいとして伝匠舎では「蔵型住宅」を提案しています。大黒柱を中心とした、無垢の木で組み上げた木組みをあらわしにした心地よい室内空間を「蔵造り」の分厚い外皮でくるむことにより、外界の厳しい気候を遮断し、地震に対しても堅牢に抵抗します。「外には閉ざし、内に無垢の木がつくる自然な環境を」という二重性を持つこの造り方を、年々温暖化、ヒートアイランド化が進行している今の日本の気候や、伝統構法そのものが建てにくい建築基準法や高気密高断熱を推進する建築物省エネ法に対応する伝統の知恵からの「解」のひとつとして、伝匠舎では提案しています。

蔵型住宅「梅の木の家」山梨県建築文化賞を受賞しました。

上段:H邸外観(左)と、伝承舎事務所外観(右) 下段は、それぞれの内観

古建具や、アンティーク家具。
職人の手仕事の結晶を
使わなければ「もったいない」

大黒柱を中心とした、無垢材の木組み空間においてはは、インテリアも「本物」にこだわりたいものです。古民家再生を数多く手がけてきた伝匠舎には、古材や古建具、アンティーク家具がたくさん集まってきます。伝匠舎では、かつての家での役目を終えたそれらを修繕し、きれいに磨き上げて、本社に隣接する「古材ギャラリー」に収納し「次の出番」に備えています。丁寧な手仕事と時間の蓄積が生む精緻さや質感は、大量生産の建材には無いもので、いちど壊してしまったら再現できません。

職人技術の結晶を棄ててしまうのは、あまりにも「もったいない」。とはいえ、昔のいわゆる「和室」が、今のライフスタイルには合わないのも事実です。そこで伝匠舎では、欄間をドアにはめ込む、蔵戸をテーブルにするなど、数々の提案をさせていただいています。さまざまな工夫で「リメイク」すれば、レトロでお洒落な、そして無垢材の空間にマッチしたインテリアとなり得るのです。これを使わない手はありません。

美しいものが、世紀を越えて残る
だからこそ、残せる造り方を

数多くの文化財修理や古民家再生をさせていただいてきて、それらが「美しいから」「もったいなくて壊せないから」今にまで残って来たのだなと、日々実感しています。私たち伝匠舎が新築住宅を造るからには、それらに負けない、将来「平成の古民家」として世紀を越えて残っていくような「美しい家」でなくてはならないと考えています。それこそが、本当の「資産価値」ではないでしょうか。

「坪単価」だけでなく、その家が存続する年数で建築工事費を割った「年坪単価」で比べることをお勧めします。経年変化につれて味わいや深みを増し、私たちが「風流美(ふるび)」と呼ぶ「時を重ねてこそ価値を増していく」家を作ることは、次世代への投資ともなります。

世紀を越えて残っていく価値ある住まいを造るにあたって大切なのは、「ほぐせるように造る」こと。長い年月には、風雨や地震などで受ける損傷の補修、諸事情による移築など、さまざまなことが起き、それらに臨機応変に対応できることが必須です。接着剤で貼ったり、金物でガチガチに固めたりすると「直せない」家になってしまいます。だからこそ「壊れない家」より「直せる家」を、「時代の変化、環境の変化に適応力のある家」を。山に木があり、技術を受け継ぐ大工が居る限り、修繕も解体移築もできるからです。だからこそ伝匠舎では、山の維持や次世代の人材育成を、大切にしています。

もっと詳しく

伝匠舎石川工務所が制作したWebサイト「オンライン風流美」

開放的な和風住宅は
「気候風土適応住宅」で

N邸(左):冬になると陽の光が入り、暖かく気持ちの良い縁側。 O邸(右):太陽光が蓄熱土間を暖めることで、日没後も室温の低下を和らげます。また、軒の出部分をガラスにすることによって、冬は室内の奥深くまで太陽光がふりそそぐようにしました。

元来の日本の民家は、深く軒を出すことで夏の高い陽射しは遮ぎり、冬の低い陽射しは取り込み、開口部を広く取り、暑い夏は風通しよく過ごすというつくりかたをしています。外に対しては閉ざし、内に木組みの空間をつくる「蔵型住宅」を先にご紹介しましたが、外の自然とつながる、かつての民家のような開放的な新築住宅を求められる方のご要望にも、もちろんお応えできます。

夏は室内を風が通ることによって涼を取ると共に、深い軒で陽の光を遮ります。冬は陽の光を室内に取り込んで室温を上げると共に、屋根付近の暖かい空気を床下に降ろすことで、室内全体の気温差を少なくします。

南面の開口部を大きくとり、壁には竹小舞を編み、土壁を塗る民家の造り方ですが、昔の民家そのままではない工夫をしています。屋根と床には植物由来の自然系断熱材を施工、冬の寒さには冬の低い陽射しを取り込む蓄熱土間、薪ストーブやペレットストーブなど、放射系の暖房を採用。昔の民家に対するマイナスイメージをつくってきた「冬、寒い家」ではありません。一年中室内気温は一定、エアコンを効かせてTシャツ一枚で過ごせる「魔法びん住宅」までは求めていない、その季節らしい暮らしを志向する方のための「ほどほどの気密断熱で、夏、暑すぎない。冬、寒すぎない。」健康的な家です。

日本をあげて高気密高断熱住宅を法的にも推進していく「建築物省エネ法」の義務化が2020年に予定されています。しかし、地域の住文化を取り入れた優れた住宅を「気候風土適応住宅」としてその適用除外とする制度がありますので、義務化後は、その制度を用いることとなります。

大泉寺書院

森林資源を活用することで
地域の山を守る

青梅の山

先にのべた「世紀を越えて残る、真に資産価値ある家づくり」「もったいなくて壊せない、直しながらずっと住みたい家」を造るということは、個人の財産を越えた、社会的資本の形成につながります。と同時に、そのような家は、地域の木を材料に地域の職人がつくるのですから、地域の自然環境と建築文化を、持続可能な形で未来に伝えていくことにも寄与することになります。

もちろん家は自分や自分の家族のために造るものではありますが、「その家が環境を破壊するものではなく、むしろ環境を守るものであってほしい」と思われる方も少なからずいらっしゃいます。伝匠舎は、東京の水源地である多摩川源流を擁する甲州市に位置しています。地域では、地元の山から青梅までを含む広い地域の人工林で木材生産が行われています。外材や遠方の材でなく地域材を選ぶことが、水源の山を守ることにつながるという信念をもって、伝匠舎では地域材の活用に積極的に取り組んでいます。

青梅の木材

家づくりが地域の景観や
大工技術、山を守る
それが受賞の理由でした

おかげさまで、伝匠舎 石川工務所は平成22年 国土交通省住宅局長賞をいただきました。古民家再生、地域材や地域技術の活用、大工・茅葺き職人の育成、ワークショップによる木造建築の啓蒙などの取組が、地域の美しい景観保存につながるとの評価でした。伝匠舎は、日本の山の木を使い、伝えられて来た職人技術による伝統木造建築を造り続けることを、その使命としてきました。ひとつひとつの家づくりが、地域社会への貢献ともなるような実践を、今後も継続してまいります。

もっと詳しく

資料請求・お問い合わせ

お名前 (必須)

ふりがな

メールアドレス (必須)

ご住所 (必須)

電話番号

お問い合わせ種別

より詳しく

郵送ご希望の資料

お問い合わせ、ご質問等あれば、お書きください。