伝匠舎が造る新築住宅 大黒柱が見える家

伝統の木組みの構造美と
無垢の木がつくりだす心地よい空間

手刻みの大黒柱と太い梁をしっかりと組み上げた、力強く美しい木組みの構造。構造がそのまま意匠美にもなっているのは、伝統的な甲州民家と共通しています。飾らない「無垢の木」には、木地のそのままの色合いや表情の美しさ、肌当たりのやわらかさ、香りなど、五感すべてにはたらきかけてくる「心地よさ」や、材になってなお水分を吸放湿してさらったした空気をつくる「環境調節機能」があります。社寺建築や古民家再生を通して「日本の伝統木造建築」のよさを知り尽くしている伝匠舎だからこそ、新築住宅においても、木の性質を生かし、自然で心地いい室内空間を造ります。

自然の摂理に添った家は
長持ちします

木には木の、石には石の性質に合った工法の建造物だけが長持ちする。木構造を石でなぞったパルテノン神殿が「遺跡」となった一方で、石に相応しいアーチ構造のパンテオンは、1900年の時を経てなお現役だという事実が、それを証明しています。木の性質を最大限に引き出した木構造は、創業以来「木」とつきあい続けてきた伝匠舎におまかせください。

もっと詳しく

自然の摂理に添った家は
長持ちします

木には木の、石には石の性質に合った工法の建造物だけが長持ちする。木構造を石でなぞったパルテノン神殿が「遺跡」となった一方で、石に相応しいアーチ構造のパンテオンは、1900年の時を経てなお現役だという事実が、それを証明しています。木の性質を最大限に引き出した木構造は、創業以来「木」とつきあい続けてきた伝匠舎におまかせください。

もっと詳しく

木を生かしきる日本の大工の技
伝匠舎では「現役」です

木の良さを最大限に引き出すために、日本の大工職人は木と木を木で組む「木組み」の技術を編み出してきました。地面から屹立する大黒柱に四方向から梁が差さる「四方差し」は、その真骨頂。パズルのごとく組み上げられる材の一本一本には、このように複雑な「仕口」が、手刻みで加工されます。難易度が高く、手間もかかる手刻みですが、大工たちにとっては技の見せどころで、やりがいのある仕事です。文化財の保存修理や古民家再生はもちろん、伝匠舎の仕事はすべてが手刻み。その大工たちが新築住宅にも腕をふるいます。

木を生かしきる日本の大工の技
伝匠舎では「現役」です

木の良さを最大限に引き出すために、日本の大工職人は木と木を木で組む「木組み」の技術を編み出してきました。地面から屹立する大黒柱に四方向から梁が差さる「四方差し」は、その真骨頂。パズルのごとく組み上げられる材の一本一本には、このように複雑な「仕口」が、手刻みで加工されます。難易度が高く、手間もかかる手刻みですが、大工たちにとっては技の見せどころで、やりがいのある仕事です。文化財の保存修理や古民家再生はもちろん、伝匠舎の仕事はすべてが手刻み。その大工たちが新築住宅にも腕をふるいます。

美しく力強い木組み空間を
堅牢な外皮でくるむ「蔵型住宅」

現代の家づくりに求められる「耐震性能」や「省エネ性能」を満たしつつ、無垢の木を組み上げた室内空間のよさを実現する住まいとして伝匠舎では「蔵型住宅」を提案しています。これは「外には閉ざし、内に自然な環境を」という二重性をもつ造り方で、年々ヒートアイランド化が進み、敷地が混み合っていて自然条件に恵まれないきびしい都市部に向いています。大黒柱を中心とした、無垢の木で組み上げた木組みをあらわしにした心地よい室内空間を「蔵造り」のような分厚い外皮でくるむことにより、外界の厳しい気候を遮断し、地震に対して堅牢に抵抗します。

美しく力強い木組み空間を
堅牢な外皮でくるむ「蔵型住宅」

現代の家づくりに求められる「耐震性能」や「省エネ性能」を満たしつつ、無垢の木を組み上げた室内空間のよさを実現する住まいとして伝匠舎では「蔵型住宅」を提案しています。これは「外には閉ざし、内に自然な環境を」という二重性をもつ造り方で、年々ヒートアイランド化が進み、敷地が混み合っていて自然条件に恵まれないきびしい都市部に向いています。大黒柱を中心とした、無垢の木で組み上げた木組みをあらわしにした心地よい室内空間を「蔵造り」のような分厚い外皮でくるむことにより、外界の厳しい気候を遮断し、地震に対して堅牢に抵抗します。

美しいものが、世紀を越えて残る
だからこそ、残せる造り方を

伝匠舎では、数多くの文化財修理や古民家再生を手がける中で、それらが「美しいから」「もったいなくてこわせないから」今に至るまで残って来たのだということを、日々実感しています。私たちが新築住宅を造るからには、将来「平成の古民家」として世紀を越えて残されていくだけの「美しい家」でなくてはならないと思っています。経年変化とともに味わいや深みを増し、私たちが「風流美(ふるび)」と呼んでいる価値を増していく家。伝匠舎が新築でつくる「大黒柱のある家」はそのレベルの構造美を持つものとして造ります。

世紀を越えて残って行くためにもうひとつ大事なことは「ほぐせるように造る」こと。長い年月には、風雨や地震などで受ける損傷の補修、諸事情による移築など、さまざまなことに臨機応変に対応できることが必須です。接着剤で貼ったり、金物でガチガチに固めたりすると「直せない」家になってしまいます。「壊れない家」より「直せる家」を。山に木が、技術を受け継ぐ大工がある限り、修繕も解体移築もできるからです。だからこそ山の維持や次世代の人材育成を、私たちは大切にしています。

もっと詳しく

「数寄屋」や「茅葺き」もお任せください

数々の社寺や文化財の保存修理を手がけながら、そのような仕事ができる職人たちを育てて来た実績のある伝匠舎では、民家とは違った美意識に基づいて造る「数寄屋」や、現在その技術をもつ職人が激減している「茅葺き」にも対応できます。ぜひお任せください。

家づくりが地域の景観や
大工技術、山を守る
それが受賞の理由でした

おかげさまで、伝匠舎 石川工務所は平成22年 国土交通省住宅局長賞をいただきました。古民家再生、地域材や地域技術の活用、大工・茅葺き職人の育成、ワークショップによる木造建築の啓蒙などの取組が、地域の美しい景観保存につながるとの評価でした。地域社会への貢献ともなる家づくりを、今後も継続してまいります。

もっと詳しく

資料請求・お問い合わせ

お名前 (必須)

ふりがな

メールアドレス (必須)

ご住所 (必須)

電話番号

お問い合わせ種別

より詳しく

郵送ご希望の資料

お問い合わせ、ご質問等あれば、お書きください。