木造建築を考える「パルテノンとパンテオン」

アテネのパルテノン神殿の元の姿は木造の切妻造りです。文明が樹を切り尽くしたある時点で、木造建築を石造建築として写したのでしょう。パルテノン神殿が崩れ落ち、遺跡として残るのに対して、ローマのパンテオン神殿は約1900年の歳月を経ても倒壊することなく、現役の神殿としてその威容を誇っています。この耐久性の違いは何でしょうか? パンテオン神殿は石とコンクリートという重く固い材料を使用していますが、組石造に適したドーム構造でできていて、自然の摂理に沿った力の流れが建築を力強く支えているのです。

近代建築の歴史にもジャポニズムはあったのではないでしょうか? 日本でも、例えば巨匠・丹下健三の山梨文化会館は、まるで巨大な日本の木造建築のような架構を表現しています。鉄筋コンクリートの発明によって桂離宮のような軽快で明るい空間を巨大建築物においても人類は手に入れました。しかしこれらの建造物が意外と短命なのでは? 例えば旧甲府市庁舎は内藤多仲(東京タワーの設計者)の設計によるものですが、築後わずか47年で危険とされ、2010年(平成22年)に解体処分されました。

鉄筋コンクリートによる柱梁構造(ラーメン構造)はパルテノン神殿と等しく木造建築を鉄筋とコンクリートで写したものです。さらに面白いのは耐震補強で用いられる鉄骨のブレースはトラス構造というやはり西洋の木造建築の様式です。さらにビルの免振という耐震方法もその原理は、日本の伝統木工技術である石場建てに他なりません。

顧みれば明治以前の日本の建物は、そのほとんど全てが木造建築であり石場建ての建築であり、世紀を超えて何代にもわたって住み継がれてきました。それがなぜ今日にあっては基礎と土台をアンカーボルトで緊結しなければ許可しないとなるのでしょうか? 伝統構法の家の基礎は石場建てでなければならないのです。コンクリート建築にもまして短命な現代の張りぼて住宅、まぎれもなくスクラップ&ビルド消費社会の象徴です。日本の伝統構法を継承しようとする技術者たちにとって、これは悩ましく悲しい現実です。

構造体が重く固いのに、まるで木造建築のような鉄筋コンクリート建築は、やがてパルテノン神殿と同じ運命をたどるのでしょうか? それを暗示するような事故が中央道の笹子トンネルで起きました!自然の力の流れで支えるボールト構造のトンネルは何ともないのに、自然に逆らった重い鉄筋コンクリートの天井版は想定外? にもろくも崩れ落ちたのです。

社会資本の蓄積による豊かな街での暮らしを考えるとき、建築物の耐久性は最も重要です。そこで改めて問います「自然の摂理に逆らった構造が建築物の短命を招いているのでは?」 石造には石造の(固く重いコンクリート造は石造に倣うべき)、木造には木造の自然の摂理にかなった建て方があるはずです。自然の法則に反して建築することで、構造物が短命化して、スクラップ&ビルドが圧倒的物量で起こり、社会資本は蓄積せず、赤字国債が積み上がるのでは、私たち市民はいつまでたっても豊かになれず、子々孫々にわたって貧乏人のままでしょう。