トピックス

2018年3月7日

大本山向嶽寺総門 修理工事完了

2018年2月19日
官庁猊下、末寺ご住職方、総代役員、檀信徒、工事関係者が参列して落慶式が行われた

臨済宗の大本山向嶽寺の総門(通称「黒門」)は江戸期に建立されました。四脚門としては、たいへん雄大なもので、間口が15尺(4545mm)、奥行きが14尺(4242mm)、関東にある数ある四脚門の中で最大級のものです。
(続きを読む…)


2018年2月20日

T家に伝わる高麗門

高麗門(通用門付)竣工正面

在家さんの門構えと言えば、4本足の薬医門(やくいもん)が一般的ですが、山梨市北のT家にはたいへん立派な高麗門(こうらいもん)が残っています。T家は、もともとは寺子屋をやっていた家柄で、この高麗門は足利学校のそれを手本にして作られたようです。
(続きを読む…)


2017年12月20日

甲州民家移築再生[13] 構造見学会

11月12日に上棟式を終えた主屋、その後順調に工事は進む

2017年12月10日「甲州民家構造見学会、特異な形態と構造が魅力的な甲州民家、移築再生工事からその謎を追う」と題して、柴原家住宅移築再生現場で構造見学会が開かれました。主催は施主の柴原みどり様、O設計室と伝匠舎がこれに協力させていただきました。
(続きを読む…)


2017年12月16日

本隆寺本堂 完成

竣工外観。正面に大唐破風の向拝を配する

顕受山本隆寺(けんじゅさん ほんりゅうじ)は、南アルプス市百々(どうどう)にある日蓮宗の古刹です。築年代不詳の本堂は、老朽化が進んだことと、後世の改修によって建立当初の原型が不明瞭なことなどから修復を断念、改築が計画されました。
(続きを読む…)


2017年12月5日

赤尾の家(H邸)広間ほか改装工事

大土間玄関より見る12.5坪(25帖)の大広間

甲州市の立派な長屋門を持つ古民家の主屋で、一部室内の改装が行われました。工事では台所と居間の境壁を撤去し快適な食生活の充実を計ったり、断熱化工事では床のフローリングの乱張りの下地に断熱材を施工したり、そのほか様々な工夫がされました。

居間より大広間(南側)を見る。左に大黒、右に小黒(恵比寿)柱と重厚な帯戸が並ぶ

改装の終わった居間の神棚を元に戻して遷座の祈祷

改装された主屋は甲州特有の養蚕型住居のたたずまい。正面には立派な長屋門

工事の着工は平成29年9月、竣工は同年12月、約2か月の工程でした。


1 / 7612345...102030...最後 »