一品入魂

一品入魂

ひとつひとつの建築を、大工職人、茅葺職人、屋根職人など多くの職人たちと、社長、役員、設計部、現場監督など多くのスタッフとで、魂をこめてつくります。

世紀を超える建築美
美しいから、壊されずに残った

日本各地に現存する古くからある社寺や民家は、なぜ今日に至るまで残ってきたのでしょうか。それは、壊すことのできない「美しさ」や「感動」があったから。存在する付加価値のある建物だからこそ、ライフスタイルの変化にも動じず、世代を超えて生き残ってきたのです。所有者や用途が変わることがあっても、その時々に何度も必要な修繕や改修を経ながら、生き残ってきたのです。

すぐに飽きられ買い替えを迫られる「消費財」ではなく
世代を超えて愛され生かされる建築をつくります。