1-1. 人間とAIの関係

人間と動物の違いは、動物は生存のための行動に無駄がないのに対し、人間の行動は無駄だらけです。犬や猫は時に無駄な行動(芸)をしますがそれは人間が教えたものです。人間の行動は野生動物のそれとは違って、ただ生存するためには必要のない無駄によって成り立っています、無駄こそが人間であることの証であると言っても過言ではなく、無駄こそが人生を豊かにしているとも言えます。

人間がいかに無駄な行動をするかの例として、例えば「ダイヤモンド富士」の撮影のためにアマチュア写真家が富士山の麓に出かけていく例を挙げれば、インターネットショッピングで300円から高くても1万円も出せばプロの撮影した感動ショットがいくらでも得られるのに、なぜあのように大勢の人が時間と金を費やし、寒い思いをしてまで自分の撮影にこだわるのか、まことに人間の行動は不可解です。

近年、囲碁や将棋の世界ではAI(人工知能)と人間との戦が度々行われ、徐々に人間が負けることが多くなっているようです。近い将来AIは人間を完全に超えてしまうでしょう、そのとき人間はコンピューターに負けたからといって敗北宣言を出して囲碁や将棋をやめてしまうでしょうか?・・・おそらく決着がついた時点で人間はAIと戦うことに興味を無くすでしょう、そもそも面白いのは「人と人との関係」なのですから。どんなに完璧な富士の写真より、人は思いを込めて撮影した自分だけの富士山が好きであります。写真愛好家の夢や喜びは将来も決して奪われることがないでしょう。

AIが組み込まれた精巧なロボットはやがて人間の仕事を奪うでしょうか?人間の行動は不確実性の塊(かたまり)であり、生産性や経済効率だけではとても推し量れません。人間の行動の不確実なものに対する欲求には限りがなく、世界が今後どのように進化するかは予測が難しいけれども、それでも人間は人間的な無駄に対する欲求を抑えこんで消してしまうことをしないでしょう。どんなに優れたAIロボットも、人間の不確実で非生産的な無駄やわがままを理解し、猫や犬のように不確実に非生産的に振舞う術を身につけなければ、いずれは飽きられてしまうでしょう。