2. 世紀を生き抜く建築美

施主が自己の実存を空間として確認しようとするとき行う3つの問いは、ここは何処?いまは何時?わたしは誰?です。建築家はこれらの問いについて解答しなければなりません。加えてこの時、建築を構成する3つの要素「美・要・強」のうちの美について考えると、建築物は施主の個人あるいは団体の所有物ではありますが、同時にたいへん社会性の強い構造物であるがゆえに時代の要求というものを計らずしも反映することになります。これが彫刻などの純粋芸術とは大きく異なる点です。

「温故知新」、物事を企画実行しようとするとき、過去の歴史に学ぶことは大きな過ちを犯さないために大切です。建築の歴史を振り返れば、様々な国に様々な時代があり様々な人格があり多くの建築物が生まれました、しかし様々な時代が過去から現在に向かって積層する中で、力強く生き残って来たのは、それぞれの地域のそれぞれの時代のそれぞれの個性を身にまとった美しい建築物だけでした。これらの建築物の最終の姿は歴史的な文化遺産として人類の歩んできた街並みを現在も豊かに飾っています。

美しい建築物だけが世紀を超えて愛でられ生き続けます。時代を敏感に感じ表現しようとする才能が求められています。

山梨県庁正庁

山梨県庁

藤村記念館

津金学校

八田家 書院

窪八幡神社鳥居

重文窪八幡神社鳥居元受山梨市室町時代
県指定文化財旧八田家住宅外観元受笛吹市江戸後期
登録文化財旧武藤酒造主屋内観元受甲州市江戸後期
重要文化財藤村記念館協力会社甲府市明治初期
県指定文化財山梨県庁舎正庁外観協力会社甲府市

化粧構造材の妙