3. 新時代への可変・適応力

古民家を事務所とショップに改装。丸藤葡萄酒工業本社屋(甲州市)

不変なもの、永遠なものに接するとき人は安らぎを感じます。しかし私たちが生きる社会環境は、刻一刻と昼夜を分かづ変化し続けています。

この様な状況下にあって「長生き建築」は、その時々に社会の変化に適応し進化していかねばなりません。時には増改築が行われ、時には用途の変更が行われ、時には立ち退きが求められ移築されても、なお世紀を超えて生き残っていくものでなければなりません。

古民家を再生した丸藤葡萄酒工業本社屋 外観

では具体的に時代の変化に対応し進化する建築物とはどのようなものでしょうか?それは容易に分解が可能で、部分修理や改修やあるいは移築ができる木造や鉄骨造の軸組み建築物です。あるいは分解ができないが数百年の耐久力を持つ鉄筋コンクリートの建物にあっては、間取りの変更や用途変更が容易にできるフレキシブルな内部空間を持っている建築物ということになります。

ある尋常小学校140年の歴史

建築の100年とは長いもの