4. 防火・防災・平和

平成28年(1月〜12月)における消防庁防災情報室の発表によると、建物火災は20991件(内住宅火災は11354件)、住宅火災による死者は885人、出火の原因はタバコ、コンロ、焚き火の順で、驚くことに放火も少なくありません。

日本が今日までに社会資本である建造物を多く失った最大の要因は火事です。特に日本は優良な木材に恵まれていたため1945年の終戦までは、そのほとんどが木造でありました。

まことに火災によって失われた日本の建造物は数知れず、もしヨーロッパのごとくに組積造でできていたならば、どれほどの街並みや美術品が国中を満たし飾っていたか判りません。日本の各地を襲った大火の歴史を調べてみれば、名前の付いた大火のなんと多いことか、枚挙にいとまがありません。

その中で1893年(明治26年)の川越大火の教訓とその復興の歴史は、その美しい蔵造りの家並みと共に模範とされるべきものです。このことはただ単に施主の財産を守ることにとどまらず、日本人の好む木造建築を防火建築として後世に残し伝える重要なヒントを与えています。

また災害という視点で日本の自然災害の歴史を振り返れば、台風や地震、津波、火山の噴火、雪崩など各地の郷土誌に記録された悲劇は数知れません。また近年CO2の増加に伴う自然環境の変化によって、日本でも風雨の集中化激化が起こっていて今だ進行形です。このような意味からも、室内を外部環境から守る蔵型建築の存在意義は高まっていると思われます。

また都市にある建造物を破壊消失する最大の要因は戦争です。歴史的な多くの大戦によって真に多くの都市が焼尽に帰しました。戦争こそが、私たちの社会資本を奪い、ゆとりと幸福を奪う最大の敵であります。

川越大火

ロンドン大火

甲府七夕空襲