4-1. 川越大火

1893年明治26年3月17日の夜8時頃、旧城下の養寿院門前から火災が発生。強い北風・連日の晴天による空気の乾燥・消火用井戸水の使い果たしなどから、火勢は土蔵の間を縫い短時間で計17町を焼失。鎮火したのは翌朝8時でした。当時の町域の3分の1に相当する1,302戸を焼失する未曾有の大火災に。

一方で、焼失を免れた家屋は大沢家住宅など、全て伝統的な工法による耐火建築の「蔵造り」でした。優秀性を再認識した川越商人たちは、コスト的には高く付くものの、同じ惨事を繰り返さないよう競って蔵造り建築による店舗(店蔵)を建てました。南町・鍛治町の目抜き通りに東京から職人を招いて蔵造りによる再建を行ったのです。

伝統工法に加え、レンガ・大谷石・御影石などの新しい建築資材も柔軟に取り入れ、いわば「川越的蔵造り建物」による町並みが形成されていきました。こうして、大火後2〜3年の間に200棟を上回る蔵作りが建設され、当地のシンボルともなったのです。

参考:川越市蔵造り資料館HP、ウィキペディア、 川越市立博物館「川越大火百年 大火の歴史と街づくり(博物館だより 第8号)」

川越大火

ロンドン大火

甲府七夕空襲