古民家情報

旧團(だん)家住宅【再生例あり】

建物種別:

旧團家住宅

所在地 神奈川県横須賀市(現在は解体され部材を弊社倉庫に保管してある)
築年数 約130年
延床面積 1階建て(本体+北の廊下)41.74坪
図面 →平面図 →断面図1 →断面図2
主な特徴 たいへん由緒正しい優良民家。湘南地域の伝統的な農家建築ですが、直立する柱と伸びやかに組まれた小屋の曲り梁のコントラストは美しく、洗練された日本の様式美を今に伝えている。
条件 弊社HP「古民家情報」内に掲載の古民家・古材の販売につきましては、原則として弊社にての工事施工が条件となりますので、あらかじめご承知おき下さい。
再生例 →その1 →その2

 

【旧團家住宅の歴史】
・林田林太郎
  ↓[売却]
・伊藤大八(政治家。中央本線の辰野まわりに尽力。江ノ電の創立にも関わる)
 ※明治15年頃、別荘として現在の建物を造る
  ↓[売却]
・團琢磨(たくま:三井財閥の大番頭)
 長男は伊能(いのう:政治家、日産元社長)
 その息子の伊玖磨(いくま)は「ぞうさん」など数々の名曲を生み出した作曲家
  ↓[譲渡]
・團勝磨(かつま:琢磨の次男。伊玖磨は甥。生物学者)
 妻の仁子(ジーン)はマッカーサーの妹の友人という説もある
  ↓[譲渡]
・團テルキ(勝磨の息子。今回の所有者でした)

外観

外観(玄関)

内観(控えの間)

内観(玄関土間)

内観(奥の間・床の間)

解体(屋根・下地)

解体(小屋組み)

解体(小屋組み)