トピックス

2019年5月24日

北条早雲公を偲び茶会

その他

早雲公五百年忌の記念事業として、2019年3月に新築竣工した中門


京都大徳寺の別格地とされる箱根湯本にある金湯山早雲寺は、戦国武将で初代小田原城主の北条早雲公を始めとする後北条五代の菩提寺。また利休の弟子「山上宗二」の慰霊碑があるように、茶道ゆかりの名刹です。

早雲公は1519年に没したと言われます、本年没後五百年に当たり2019年5月2日、早雲寺で法事と茶会が催されました。

当日は、北条五代の城主が本堂前に鎧姿で集結


早雲寺にある、早雲公を始めとする北条五代の墓


関係各位が多数参列する中、厳かに法要が行われた


利休の弟子「山上宗二」の慰霊碑


自然石に山上宗二と刻まれている


早雲寺は大名茶道「綺麗さび」の遠州流


心温まる茶会となった