トピックス

2017年5月8日

甲州民家移築再生[1] 柴原様の古民家との出会い

山梨県笛吹市御坂町の名門旧家に残った古民家

長年各地で、自邸として移築するための古民家を探していた柴原様に出会いの時が訪れました。

平成27年6月17日水曜日、中央線塩山駅で待ち合わせ、県内の古民家3物件をご案内しましたが、そのうち御坂町にあった古民家に柴原様は深く共鳴されたご様子で、この時、内心譲受することを決断されたように思われます。
(続きを読む…)


2012年12月15日

北杜市・荒川邸が竣工

竣工外観(南西面)

竣工外観(南西面)

伝匠舎では、解体から上棟までの工事を請け負うことがあります。古民家に対する長年の経験と古材に対する熟練した技術が重宝されているためです。上棟の後は施主様と縁のある優良工務店が内装を仕上げて完成します。
平成24年5月着工、同年9月に上棟の段階で引き渡しになった荒川邸が12月15日最終竣工、施主様に引き渡されました。

(続きを読む…)


2012年9月15日

築300年の家・命ふたたび

T邸 竣工外観(南西面) 2012年09月15日

T邸 竣工外観(南西面) 2012年09月15日

山梨県の中央市高部にあったとある古民家が笛吹市石和町に移築されました。専門家からは「重要文化財に指定されてもおかしくない」という声もあった住宅ですが老朽化が著しく、大きく傾いていて倒壊の恐れもありました。所有者であった塚田さんは最終的に今の状態で残しておくことは困難と判断、当社に古民家の今後の活用について相談をいただくことになりました。
当社では、それでもなお文化財として保存される道を文化財関係者と協働して探っておりましたが、昨今の厳しい社会情勢の中で、また時間の制約のある中では有効な方策が見つからず、結局保存活動を断念し古民家再生の道を歩むこととなりました。
T邸は2012年(平成24年)9月15日に竣工しました。2011年5月に解体を開始して以来約1年4か月の工程でした。
塚田家住宅を譲り受け、その貴重な構造体を後世に伝えていただいたT氏ご夫妻に深く感謝し御礼を申し上げます。

(続きを読む…)


2012年9月7日

伝匠舎の造る古民家フレーム

今回の伝匠舎の仕事は上棟まで、これで完成引き渡しです

今回の伝匠舎の仕事は上棟まで、これで完成引き渡しです

伝匠舎では、解体から上棟までの工事を請け負うことがあります。この場合の仕上げ工事は上棟ののち移築先の工務店が受け継ぎます。
移築再生工事では、解体される民家から古材を取り出し、設計図を基に加工し、現場へ搬入して建て方をおこないます。これには長年の経験と熟練を要するため、弊社の技術が重宝されているのです。
北杜市の荒川邸は平成24年5月着工、同年9月に上棟引き渡しになりました。約3カ月半の工程でした。

(続きを読む…)


2011年6月6日

蔵・移築再生の家 完成見学会

オープンハウス当日、会場は春の暖かい日差しに包まれ多くの見学の皆様に訪れていただきました・・・ありがとうございました

オープンハウス当日、会場は春の暖かい日差しに包まれ多くの見学の皆様に訪れていただきました・・・ありがとうございました

平成23年4月24日、山梨市市川に完成したM邸(移築再生民家)の完成見学会が行われました。この建物は、かつては勝沼町にあった養蚕のための蔵でした。使用されていた柱は今では希少な国産の栂(ツガ)材で135mm角と太く、木柄の太い松の梁材とともに大変力強く美しい構造体を見せておりましたので、伝匠舎の古材置き場に解体格納しておりました。
(続きを読む…)


2010年12月13日

神奈川:S家住宅(移築再生民家)が完成

竣工内観、吹き抜けのある居間、雪国の太い柱と太い梁がたいへん力強い

竣工内観、吹き抜けのある居間、雪国の太い柱と太い梁がたいへん力強い

神奈川県足柄上郡で移築民家再生が行われていたS家住宅が11月竣工しました。使用された民家は平成7年に当社が富山県で解体し当社の藤木倉庫にストックしておいたものです。これを施主の瀬戸様が気に入られ神奈川県の自宅に使用されることとなり、2010年移築再生工事がスタートしました。
(続きを読む…)


1 / 41234