トピックス

2021年11月25日

俳句の整地・山廬 竹林整備作業

俳人飯田蛇笏翁・龍太翁親子が散策した竹林を整備していく

明治から昭和にかけて活躍した山梨が誇る俳人飯田蛇笏翁とその息子龍太翁。二人が暮らしていた家屋敷「山廬(さんろ)」周辺の竹林整備が11月24日に行われました。

(続きを読む…)

2021年10月20日

恩師、畑野先生の思い出

伝匠舎の御社として祭られているお堂

弊社の神棚には、出組で二重の扇垂木、総反りの素晴らしいお堂の模型が御社として祀られています。これは私が恩師と慕う畑野経夫先生(文化財建造物保存技術協会元参与)が、高校3年生の時に作った秀作です。

(続きを読む…)

2021年7月21日

赤芝地区 現地調査を実施

調査に訪れた工学院大学の皆さん

令和3年7月18日から20日の3日間、赤芝集落の調査を実施しました。今回調査を務めた工学院大学総合研究所および同大学建築学部調査員は、冨永研究室修士課程の学生とNPO法人山梨家並保存会(弊社社員も数名)です。

(続きを読む…)

2021年6月26日

伝統を引き継ぐ職人の写真展

浅川毅 第二回写真展のポスター

山梨でフリーカメラマンとして活躍されている浅川毅(つよし)さん。令和3(2021)年6月24日(木)~30日(水)までの6日間、山梨県立美術館ギャラリーにおいて「引き継ぐ伝統、故郷の達人」をテーマに、浅川毅・第二回写真展を開催しました。 

(続きを読む…)

2021年5月1日

現代建築の三大巨匠が造った家

ル・コルビュジエ Le Corbusier
1887(明治19)年~1965(昭和39)年 スイス→フランス
サボア邸(フランス/1930(昭和4)年)

海の物でも山の物でもない、北国の物でも南国の物でもない、地域も判らないし国籍は不明。そうした美しいインターナショナル建築が、100年ものあいだ造られてきました。その神髄は、鉄とコンクリートとガラスによる新技術、おそらく以来、時代は100年間変わってきませんでした。

(続きを読む…)

2020年11月19日

美しい県土づくり推進大会

取組発表の様子

先日、令和2年度 第10回美しい県土づくり推進大会にて、NPO法人山梨家並保存会が取組発表を行いました。また、ポスターセッションにも参加させていただきました。

(続きを読む…)

2020年10月19日

伝匠舎・実りの秋

10月18日(日)収穫したヘチマの実でアート?もしヘチマの実・種がご入用の方がおられましたら、29本が処分せずにございますので、ぜひお持ちください。

事務所の日除けに栽培されている「ヘチマ」の棚。2020年10月3日(土)にヘチマ水を採るためヘチマの茎を切断、10月18日(日)にはヘチマの実も収穫しました。

(続きを読む…)