トピックス

2008年12月4日

伝統民家の神戸波振動実験に立ち合う

実験後の調査をする作業員とそれを取り巻く見学者

実験後の調査をする作業員とそれを取り巻く見学者

12月4日、田舎型の伝統民家の神戸波(阪神淡路大震災と同じ振動)実験を見せていただきました。足元を固定されていることには不条理を感じましたが、不動沈下なしであれだけ揺れて壊れた姿を見てたいへん衝撃的でした。しかし柔構造とはよく言ったもので、元に戻って平然と立っている姿を見て涙がこぼれそうになりました。日本民家の良さはこの後修繕ができることです。傷んだ木部を入れ替え、壁を塗り替えれば元通りに使えます。
(続きを読む…)


1 / 11