トピックス

2012年5月31日

山梨県農協神社の社殿改修

武田神社の宮司様によって御霊が会長室に遷座されました

武田神社の宮司様によって御霊が会長室に遷座された

平成24年5月31日、甲府市飯田のJA会館前に鎮座する山梨県農協神社の社殿改修工事に先立ち、廣瀬久信JA山梨中央会会長はじめ関係者がそろって起工式が行われました。

(続きを読む…)


2012年5月19日

新宮「光充天宮」の不思議な話

記念写真に斜め上方から差した吉光

記念写真に斜め上方から差した吉光

施主の深沢敏行様の話によると・・・十数年前、母が末期がんとなり余命3カ月の宣告を受けた時に、ある宮司様にお祓いを受けたところ完治した。宮司様の言うことには、当家の先祖がかつて何か悪事を行ったために良からぬことが起こっているという。 (続きを読む…)


2012年5月17日

甲府城で木組みの勉強

木組みや継ぎ手の模型教材、背後に本丸の石垣が見える

木組みや継ぎ手の模型教材、背後に本丸の石垣が見える

平成24年5月17日(木)山梨北中学校の1年生約150名が甲府城と建設中の鉄門(くろがねもん)の学習に訪れました。鉄門の建設を担当している弊社は山梨県埋蔵文化財センターの依頼を受けて、生徒達に木の組み方や継ぎ手の講義をすることになりました。

(続きを読む…)


2012年5月15日

黄菖蒲(きしょうぶ)の家

竣工南西面 立派な大黒柱に太い梁、美しい建具、これらにまた磨きを掛けて後世につなぎたい。施主の想いは実ります。

竣工南西面 立派な大黒柱に太い梁、美しい建具、これらにまた磨きを掛けて後世につなぎたい。施主の想いは実ります。

世紀を超えて生き残っていくもの、それは「美」ではないでしょうか。140年を超えて生き残ってきた古民家は本当に美しい地域の宝であります。古民家は私たち大人が子ども達に残してあげたい、かけがえのない未来への遺産です。140年生きた命をあと60年生かす取り組み。200年住宅とは、延べ8世代(一代25年で計算)がリフォームして受け継いでいく家のことです。 (続きを読む…)


2012年5月7日

警察署長からの感謝状

中央に富士吉田警察署の宮下篤所長、向かって右にモリタ防災テックの代表者、左に弊社社長の石川

中央に富士吉田警察署の宮下篤所長、向かって右にモリタ防災テックの代表者、左に弊社社長の石川

まことに思いがけなく感謝状をいただくことになりました。弊社では時おり警察署から火災実験セットの製作依頼があり、古材ギャラリーの古材や古建具を利用して現場の状況に似せた実寸大の模型を納めています。その納める先が株式会社モリタ防災テックの火災実験室であり、私共とともに感謝状を受けられました。 (続きを読む…)


2012年5月3日

塩山温泉郷「中村屋旅館」

新館と旧館の間に防風対策として引き戸を設置、内に坪庭を作庭

新館と旧館の間に防風対策として引き戸を設置、内に坪庭を作庭

中央線塩山駅の北側に広がるレトロな町並み、ここでは中央区の公民館と飯島家の長屋門が国の登録文化財になっています。実はこれ以外にも数物件が登録文化財候補として調査されていて、そのうちの一つが塩山温泉郷の中村屋旅館です。
(続きを読む…)


2012年5月1日

切妻突上げ形民家:ふくすけ

竣工正面外観

竣工正面外観

地域の原風景を形作っている古民家に、その地域特有の形状があれば、それは大切な宝ものです。ここで重要文化財の「甘草屋敷」や上条集落に代表される切妻突上げ形民家群のことを、福助人形によく似ていることから福助型民家群と呼ぶことにいたします。
(続きを読む…)