トピックス

2012年3月27日

茅葺古民家で完成式典

完成した茅葺き古民家「藤原家住宅」の外観(南西面)

完成した茅葺き古民家「藤原家住宅」の外観(南西面)

平成24年3月27日、上芦川地域振興のさきがけとなる原風景復活保存事業、茅葺き古民家「藤原家住宅」保存修理工事が完成し、笛吹市荻野市長様、原芦川支所長様はじめ関係各位が多数参列するなか、完成式典がにぎにぎしく行われました。
(続きを読む…)


2012年3月25日

都会のこども達が甲州市で茅刈り体験

皆初めての体験に満面の笑みでした

皆初めての体験に満面の笑みでした

甲州市の上条集落(伝建地区候補地)にはかつて茅場がありました。近隣の茅葺き民家が全てトタン屋根で覆われるようになって、そこは畑に開墾されました。しかし時代が移り変わる中で、やがてまた畑も放置され近年は茅原となっていました。平成23年3月から、伝匠舎は甲州市の許可をいただいてここで茅刈りを始めています。 (続きを読む…)


2012年3月14日

特攻隊のマント

出来上がったマントを付けて(津金学校明治校舎前)

出来上がったマントを付けて(津金学校明治校舎前)

知覧(ちらん)特攻平和会館で十数年前に見たマント。軍服だったのでしょうがなぜか可愛いくモダンなフォルムをしていました。旅の途中偶然目にしたこのマント、それ以来今日までなぜか忘れられずにいました。
(続きを読む…)


2012年3月7日

わらべ地蔵を被災地へ

瑞巌寺で開眼供養を受けた「わらべ地蔵」

瑞巌寺で開眼供養を受けた「わらべ地蔵」

2012年3月6日(火)宮城県松島の瑞巌寺において全国各地で彫られた「わらべ地蔵」約1560体が開眼供養を受けたのち、被災者の方々に手渡されました。弊社社長の石川も縁あってこのプロジェクトに参加、平成23年10月22日は甲州市の恵林寺で行われたわらべ地蔵の彫刻会に参加、今回は瑞巌寺を訪れ参列焼香をしてまいりました。

(続きを読む…)


2012年3月3日

大和小学校で「こども上棟式」

「千歳の棟、万歳の棟、永々の棟」の掛け声に合わせてカケヤを2度ずつ打ち鳴らし「棟納めの儀式」を行う。

「千歳の棟、万歳の棟、永々の棟」の掛け声に合わせてカケヤを2度ずつ打ち鳴らし「棟納めの儀式」を行う。

NPO山梨家並保存会は平成24年2月21日(火)、甲州市大和町の大和小学校で「こども上棟式」の授業を行いました。参加した5、6年生の生徒は合わせて25人、授業は5、6時限の午後1時45分〜3時30分を利用して行われました。 (続きを読む…)


2012年3月2日

勝沼ぶどう郷を見下ろす小舎を改修

竣工外観 西北面を見る

竣工外観 西北面を見る

I邸の離れは、勝沼ぶどう郷を西に見下ろす斜面にあります。この度改修が行われ、一部雨掛かりのあった木造の外部階段を修理し、外側に壁を作り屋内階段に改めました。木造の回り階段は節のあるヒノキ材、外壁は波型スレートの無塗装仕上げと特に珍しい材料も工法も用いていないのですが、施主の高いデザインセンスと工事担当者の熱意によって美しい建築が仕上がりました。
(続きを読む…)


2012年3月1日

高根町で古民家再生

高根町蓑輪の美しい景観「熊谷家住宅」

高根町蓑輪の美しい景観

K家は昭和初期に建てられた古民家です。下屋のほか不要な部分を思い切って82.5㎡(25坪)取り壊し、延べ面積を43坪にシェイプアップ、住みやすさを追求し、すっきりした家に生まれ変わりました。予算は税込みで2320万円、坪単価は税込約54万円、たいへん費用対効果の大きい仕事になりました。 (続きを読む…)