トピックス

2011年8月9日

伝匠舎の3人が震災仮設住宅のお手伝い

向って左から鳥羽瀬、長瀬、伊東の独身三人組。7月18日の早朝山梨を発ってから8月8日の今日まで3人は元気に頑張っています

向って左から鳥羽瀬、長瀬、伊東の独身三人組。7月18日の早朝山梨を発ってから8月8日の今日まで3人は元気に頑張っています

いわき市の仮設住宅に派遣した弊社の大工長坂君が帰郷してホッとしていたところへ、また里山研究所の安藤先生から、こんどは会津若松に建設中の現場で人手が足りないのでさらに増員して大工さんを派遣するようにという依頼が来ました。微力ですが震災復興のお役にたつべく選考の結果、弊社の元気印独身3人組が行ってくれることになりました。
(続きを読む…)


2011年6月28日

美しい震災仮設住宅in福島

仮設住宅でありながら美しい家並みを形成する景観

仮設住宅でありながら美しい家並みを形成する景観

福島第2原発から約43km、いわき市に建設中の仮設住宅建設のお手伝いに弊社の大工・長坂正嗣が着任しています。この仮設住宅の設計者は里山建築研究所(筑波大教授)の安藤邦廣先生です。仮設住宅でありながら緩やかな曲線上に配置された162戸の家並みは美しくすらあり、深い軒と多目的なロフトを持つこの木造住宅は日本の伝統的な板倉構法の伝統を受け継ぎながらも、人間的でかつ使い勝手の良い最小限の住宅建築となっています。
(続きを読む…)