トピックス

2015年9月30日

観音寺の本堂改修工事が完了

竣工本堂外観(南側正面)

竣工本堂外観(南側正面)

笛吹市石和町にある法城山観音寺は室町時代中期の文明10年(1478年)ころを起源とする古刹で、甲斐三十三観音霊場の一つに数えられます。本堂は長い風雪に耐え腐朽が進んでいたところ、このたび屋根の葺き替えを主体とする保存修理工が行われました。
(続きを読む…)

2015年9月29日

2837山荘 ヴァイオリンコンサート

そのコンサートは2837山荘のホールでおこなわれた

そのコンサートは2837山荘のホールでおこなわれた

塩和会の桜を植える仲間、川島和雄さんのお誘いで「バッハ無伴奏ヴァイオリンコンサート」に行ってまいりました。レコードで聞くのとは大違い、目の前で聞く生演奏の迫力に涙が滲みました。音楽は建築以上に建築的です…特にバッハは!

(続きを読む…)

2015年9月28日

「花かげの道」下草狩り 2回目

今日も集まった元気でたくましいメンバー

今日も集まった元気でたくましいメンバー

塩和会2回目の下草刈り。
心配されたお天気ですが…雨も降らず薄曇りの好天に恵まれ草刈りには最高のコンディション!今年は雨が多かった為か夏草が生い茂り…6月の下草刈りに続き皆さんのお力を拝借することとなりました。
(続きを読む…)

2015年8月30日

「俳句の聖地」に…俳諧堂の復元

san01

俳諧堂は、俳人の飯田蛇笏・龍太親子が俳句を作る際に使っていた2階建ての蔵のうち、蛇笏が書斎として使った2階部分を指します。往時には蛇笏を囲んで句会が開かれ文人らが滞在したほか、俳誌「雲母」の発行所にもなりました。戦後、笛吹市境川町小黒坂の居宅「山廬(さんろ)」敷地内から、町内の別の場所に移築され養蚕に役立てられましたが近年解体。今年が「雲母」創刊100周年に当たることから、龍太の息子の秀實さんが理事長を務める山廬文化振興会が復元を計画しています。
(続きを読む…)

2015年8月8日

正法寺本堂の耐震改修工事が完了

竣工外観 北東面

竣工外観 北東面

山梨県昭和町にある蓮華山正法寺の本堂の耐震改修工事が完了しました。江戸初期と言われる内陣は歴史的美術的価値がたいへん高いものと思われます。機会がありましたならば、ぜひ一度ご覧ください。

(続きを読む…)

2015年8月1日

宮光園の第3期工事が完成

竣工 全景(北東面) 手前に道具蔵が見える

竣工 全景(北東面) 手前に道具蔵が見える

甲州市勝沼町下岩崎にある「宮光園」の名は、明治のワイン醸造家「宮崎光太郎」に由来します。現在邸内に残る建造物群(甲州市指定文化財)や宮崎家に伝わった葡萄酒醸造風景の写真などの多くの資料は、日本における明治期のワイン生産を知る上でたいへん貴重な産業遺産です。
(続きを読む…)

2015年7月31日

イベント:山廬(さんろ)と甲州民家

sanro

俳人 飯田蛇笏(だこつ)。皆さんご存知かと思いますが、山梨の山村で暮らしつつ格調の高い句を作った方です。大正時代における「ホトトギス」隆盛期の代表作家で俳誌「雲母」を主宰。四男の飯田龍太も高名な俳人です。

蛇笏・龍太が暮らした笛吹市にある居宅「山廬」。その母屋は江戸時代後期の木造建築です。一帯はかつて養蚕地帯であり、飯田家は養蚕農家でもありました。玄関や座敷などは築150年以上たった今も建設当時の面影を残しています。

(続きを読む…)

2015年7月25日

宮光園に沖縄民謡の調べ

ボーカル「のりん」、三線「JRたなか」、ベース「たっちゃん」

ボーカル「のりん」、三線「JRたなか」、ベース「たっちゃん」

平成26年9月に保存修理工事が完了した宮光園「白蔵」で、平成27年6月28日(日)夕刻より恒例のサマーコンサートが開催されました。三人の奏でる軽快な調べは南国沖縄の爽やかな青空のようでした。
(続きを読む…)

2015年7月20日

高原で独り

薄靄(うすもや)漂う緑の渓谷

薄靄(うすもや)漂う緑の渓谷

2015年07月19日(日)曇り時々晴れとつぜん夕立
ずいぶん久しぶりに一瀬高原にやってきました・・・
(続きを読む…)

2015年6月30日

早雲寺本堂の保存修理工事が完成

竣工 外観

竣工 外観

神奈川県箱根町の指定文化財「早雲寺本堂」の保存修理工事が完成し、平成27年6月25日(木)関係者が集まって竣工式が行われました。箱根湯本の金湯山早雲寺は後北条家の菩提寺であると同時に、京都大徳寺の別格地で、利休の一番弟子「山上宗二」の慰霊碑があるなど、たいへん茶道にゆかりのある名刹であります。
(続きを読む…)