トピックス

2014年7月31日

タイル絵を描こう!

完成したタイル絵

完成したタイル絵

かつて平成7年に新築住宅「梅の木のある家」で、オーナーのお子さんたちが描いたタイル絵を暖炉の背の防火壁に貼ったところ、たいへん好評でした。それ以来弊社では、オーナーが住宅を建築する際に、オーナー様のご家族が描いたタイル絵を使ったり、養護施設の子供たちを招いてタイル絵イベントを開催したりしてきました。 (続きを読む…)


2014年7月15日

宝福寺 本堂の屋根葺替工事が完成

竣工外観

竣工外観

平成26年7月、山梨県笛吹市一宮町市之蔵にある神明山・宝福寺の屋根の葺替工事が完了しました。既存屋根は古い茅屋根を鉄板で覆った形状でしたが、古茅とともにこれを撤去、新たに茅型の木下地を作って、銅板の一文字葺きを施工しました。 (続きを読む…)


2014年7月10日

蓮池に東屋が映えて

蓮池に東屋が映えて、背景には五重塔も!

蓮池に東屋が映えて、背景には五重塔も!

山梨県笛吹市八代町南にある定林寺には、蓮池に面して茅葺き屋根の東屋があります。平成26年6月、屋根の老朽化が進んだため、茅葺屋根の葺き替え工事か行われました。工事は竹下地を撤去して、茅も総て葺き替える内容でした。竣工は翌7月、約1月の工程でした。

(続きを読む…)


2014年6月9日

富士河口湖町に古民家カフェがOPEN!

和カフェ すぎのき 外観 擬洋風建築の趣を漂わせる

和カフェ すぎのき 外観 擬洋風建築の趣を漂わせる

世界遺産「河口湖浅間神社」の参道に「和カフェ すぎのき」がオープンしました。この建物は約140年前、明治期に造られた擬洋風建築です。2階建ての木造建築ですが、インク壺の藤村式の学校建築にもどことなく似ていて、たいへん造りの良い趣のある建物です。 (続きを読む…)


2014年6月8日

現存する日本最古のワイン醸造所

蔵造り、旧宮崎第二醸造所の外観

蔵造り、旧宮崎第二醸造所の外観

平成26年6月7日(土)シャトー・メルシャンのワイン資料館(旧宮崎第二醸造所)の築110周年記念講演会で、甲州市教育委員会の室伏徹さんと弊社社長の石川が「旧宮崎第二醸造所の建物としての価値」という演題で記念講演を行いました。 (続きを読む…)


2014年5月30日

旧 宮崎第二醸造所の建物としての価値

flyer_140607

現存する日本最古の木造ワイン醸造所「シャトー・メルシャン ワイン資料館(旧 宮崎第二醸造所)」にて行われる講演会で、伝匠舎 石川工務所の石川重人代表が講演させていただきます。入場無料で、併設するワインギャラリーでは、ワインのテイスティングもできますので(こちらは有料)、是非、お越しください。(講演会は終了しました)
(続きを読む…)


2014年5月20日

古材人形を作る

作品02,03

作品02,03

5月18日(日)伝匠舎古材ギャラリーで古材のショールーム「花かげ写真館と棟梁の家」のオープンを記念する一環として、親子で参加する古材ワークショップを開催しました。テーマは「古材人形を作る」ということで、作業場には作業台に用意された材料と工具、そして、指導者として伝匠舎の若手大工の伊藤君。 (続きを読む…)


2014年5月19日

永昌院総門の保存修理工事が完成

平成26年3月 竣工

平成26年3月 竣工

山梨県山梨市矢坪にある永昌院の総門(山梨市指定文化財)の保存修理工事が完成し、平成26年5月17日(土)落慶法要が行われました。この禅宗様四脚門の形態を持つ総門は、推定江戸後期の建立と考えられます。屋根は茅葺から鉄板葺きに改められていましたが、今回の修理工事では現状を維持し、桧皮葺き型の銅板葺き屋根となりました。 (続きを読む…)


2014年4月30日

南部町で妻壁の暴雨対策

石川家住宅 正面外観

石川家住宅 正面外観

近年、日本中で局所的な豪雨が観測されるようになりましたが、その影響か、古民家の妻壁(真壁)から雨が侵入するトラブルが発生するようになりました。真壁・大壁の違いはご存じの方もおられると思いますが、真壁では柱や梁や桁が化粧材として露出して外観に見えているのに比して、大壁では見えません。当然、大壁の方が雨の侵入を防ぐためには有利なわけですが、日本人の美意識としては、ただのっぺらとした飾り気のない大壁は物足りなく感じるところです。 (続きを読む…)