トピックス

2015年9月29日

2837山荘 ヴァイオリンコンサート

そのコンサートは2837山荘のホールでおこなわれた

そのコンサートは2837山荘のホールでおこなわれた

塩和会の桜を植える仲間、川島和雄さんのお誘いで「バッハ無伴奏ヴァイオリンコンサート」に行ってまいりました。レコードで聞くのとは大違い、目の前で聞く生演奏の迫力に涙が滲みました。音楽は建築以上に建築的です…特にバッハは!

(続きを読む…)


2015年7月31日

イベント:山廬(さんろ)と甲州民家

sanro

俳人 飯田蛇笏(だこつ)。皆さんご存知かと思いますが、山梨の山村で暮らしつつ格調の高い句を作った方です。大正時代における「ホトトギス」隆盛期の代表作家で俳誌「雲母」を主宰。四男の飯田龍太も高名な俳人です。

蛇笏・龍太が暮らした笛吹市にある居宅「山廬」。その母屋は江戸時代後期の木造建築です。一帯はかつて養蚕地帯であり、飯田家は養蚕農家でもありました。玄関や座敷などは築150年以上たった今も建設当時の面影を残しています。

(続きを読む…)


2015年7月25日

宮光園に沖縄民謡の調べ

ボーカル「のりん」、三線「JRたなか」、ベース「たっちゃん」

ボーカル「のりん」、三線「JRたなか」、ベース「たっちゃん」

平成26年9月に保存修理工事が完了した宮光園「白蔵」で、平成27年6月28日(日)夕刻より恒例のサマーコンサートが開催されました。三人の奏でる軽快な調べは南国沖縄の爽やかな青空のようでした。
(続きを読む…)


2015年7月20日

高原で独り

薄靄(うすもや)漂う緑の渓谷

薄靄(うすもや)漂う緑の渓谷

2015年07月19日(日)曇り時々晴れとつぜん夕立
ずいぶん久しぶりに一瀬高原にやってきました・・・
(続きを読む…)


2015年5月23日

嗚呼アーチ橋よ永遠に

アプトの道 4連のアーチ橋 現在122歳

アプトの道 4連のアーチ橋 現在122歳

群馬県安中市にある「アプトの道」。かつて碓氷峠を越えた鉄道が廃線となり遊歩道となりました。ここに1893年イギリス人技師パウナルの設計によって完成したレンガ造りの4連のアーチ橋があります。
(続きを読む…)


2015年5月21日

世界遺産「富岡製糸場」に寄せて

東繭倉庫正面のレンガと石で作られたアーチは、上部の荷重を立派に左右の柱に伝えている

東繭倉庫正面のレンガと石で作られたアーチは、上部の荷重を立派に左右の柱に伝えている

富岡製糸場の東繭倉庫は、フランス人建築家ブリュナによって明治4~5年にかけて造られた西洋建築です。夏場に高温多湿多雨で木材が腐朽しやすい日本にあって、なぜこの建築物は150年もの長い年月を生きぬいてきたのか?
(続きを読む…)


2015年5月15日

正法寺の本堂改修工事がストップ?!

鳩の巣の中に卵が!

鳩の巣の中に卵が!

蓮華山正法寺の本堂改修工事が着々と進んでいますが、ある日作業が中断する事態に!その理由は…

改修現場の一部に「平和の象徴『鳩』の巣」が!しかも卵を温めている最中…という訳で、この箇所は鳩の卵の孵化と巣立ちを待つことになったのでありました。
(続きを読む…)


2015年2月4日

身延山久遠寺 節分会

裃姿(かみしも)を着るのも昨年に続けて2度目 背後に昨年末に屋根を修理(雪害応急)した大鐘楼が見える

裃姿(かみしも)を着るのも昨年に続けて2度目。背後に昨年末に屋根を修理(雪害応急)した大鐘楼が見える

弊社社長の石川は昭和30年生まれの未(ひつじ)年。年男として昨年に続いて今年も身延山の節分会に参加させていただきました。
(続きを読む…)