トピックス

2015年8月1日

宮光園の第3期工事が完成

竣工 全景(北東面) 手前に道具蔵が見える

竣工 全景(北東面) 手前に道具蔵が見える

甲州市勝沼町下岩崎にある「宮光園」の名は、明治のワイン醸造家「宮崎光太郎」に由来します。現在邸内に残る建造物群(甲州市指定文化財)や宮崎家に伝わった葡萄酒醸造風景の写真などの多くの資料は、日本における明治期のワイン生産を知る上でたいへん貴重な産業遺産です。
(続きを読む…)


2015年7月31日

イベント:山廬(さんろ)と甲州民家

sanro

俳人 飯田蛇笏(だこつ)。皆さんご存知かと思いますが、山梨の山村で暮らしつつ格調の高い句を作った方です。大正時代における「ホトトギス」隆盛期の代表作家で俳誌「雲母」を主宰。四男の飯田龍太も高名な俳人です。

蛇笏・龍太が暮らした笛吹市にある居宅「山廬」。その母屋は江戸時代後期の木造建築です。一帯はかつて養蚕地帯であり、飯田家は養蚕農家でもありました。玄関や座敷などは築150年以上たった今も建設当時の面影を残しています。

(続きを読む…)


2015年7月25日

宮光園に沖縄民謡の調べ

ボーカル「のりん」、三線「JRたなか」、ベース「たっちゃん」

ボーカル「のりん」、三線「JRたなか」、ベース「たっちゃん」

平成26年9月に保存修理工事が完了した宮光園「白蔵」で、平成27年6月28日(日)夕刻より恒例のサマーコンサートが開催されました。三人の奏でる軽快な調べは南国沖縄の爽やかな青空のようでした。
(続きを読む…)


2015年7月20日

高原で独り

薄靄(うすもや)漂う緑の渓谷

薄靄(うすもや)漂う緑の渓谷

2015年07月19日(日)曇り時々晴れとつぜん夕立
ずいぶん久しぶりに一瀬高原にやってきました・・・
(続きを読む…)


2015年6月30日

早雲寺本堂の保存修理工事が完成

竣工 外観

竣工 外観

神奈川県箱根町の指定文化財「早雲寺本堂」の保存修理工事が完成し、平成27年6月25日(木)関係者が集まって竣工式が行われました。箱根湯本の金湯山早雲寺は後北条家の菩提寺であると同時に、京都大徳寺の別格地で、利休の一番弟子「山上宗二」の慰霊碑があるなど、たいへん茶道にゆかりのある名刹であります。
(続きを読む…)


2015年6月22日

「花かげ通り」の下草狩り

現地での作業は「塩和会」約20名の参加協力をいただきました

現地での作業は「塩和会」約20名の参加協力をいただきました

牧丘出身の大村主計(おおむらかずえ:1904~1980年)が作詞した童謡「花かげ」。歌詞の舞台となった桜並木を復活させようと、モデルの桜があったとされる向嶽寺(甲州市塩山上於曽)の塩ノ山西側に延びる「花かげの道」(旧諏訪往還)で、本年2月8日(日)約100本の桜の苗木を植える植樹祭が開かれました。それから約130日が過ぎ、桜を育てるには十分な日当たりが必要ということで、6月21日(日)塩和会によって遊歩道ならびに苗木周囲の下草狩りが行われました。
(続きを読む…)


2015年6月21日

千成りひょうたんに彩色

金の下塗りの上に赤の点描画で仕上げた作品

金の下塗りの上に赤の点描画で仕上げた作品

2015年6月20日(土)、伝匠舎の「棟梁の家」でミニワークショップを開催。加賀達磨をヒントにして千成り瓢箪(ひょうたん)に彩色する試みをしました。結果はご覧のように上々、来年のワークショップに備えて瓢箪の種を蒔くことになりました。
(続きを読む…)


2015年6月18日

甲州民家移築再生[1] 柴原様の古民家との出会い

山梨県笛吹市御坂町の名門旧家に残った古民家

長年各地で、自邸として移築するための古民家を探していた柴原様に出会いの時が訪れました。

平成27年6月17日水曜日、中央線塩山駅で待ち合わせ、県内の古民家3物件をご案内しましたが、そのうち御坂町にあった古民家に柴原様は深く共鳴されたご様子で、この時、内心譲受することを決断されたように思われます。
(続きを読む…)