トピックス

2013年9月5日

一関市千厩町の美しい古民家(社長岩手旅日記) 

岩手県指定有形文化財の村上家住宅。

岩手県指定有形文化財の村上家住宅

・・・社長岩手旅日記・・・
8月24日、私は岩手県一関市で行われた「茅葺きの里見学研修会」に参加してきました。この研修会は(社)日本茅葺き文化協会が主催するもので、8月24、25日の二日間の日程でしたが、今回はスケジュールの都合で残念ながら24日のみの参加となってしまいました。 (続きを読む…)


2013年9月1日

功徳院 本堂の工事が竣工 

竣工外観。西正面。

竣工外観。西正面。

山梨県甲斐市島上条にある功徳院で平成25年8月6日、竣工式が行われました。明治期に造られた本堂は床面積が70坪にも及ぶ壮大な建築物です。建築士事務所ビルディングワークショップの中澤先生のご指導をいただきながら、構造的にも意匠的にも大規模で先進的な工事が行われました。
(続きを読む…)


2013年8月30日

作業場の屋根に30kwのソーラーパネル設置

クレーンでパネルを吊り上げ設置していきます。

クレーンでパネルを吊り上げ設置していきます。

平成25年3月、当社は甲州市の井尻作業場の屋根にソーラーパネルを設置しました。当初は、南アルプス市の使われていない作業場の空地に計画していましたが『地面に作るのはもったいない』との意見もあり再考。井尻作業場の屋根へ変更となりました。 (続きを読む…)


2013年8月21日

勝沼で“板倉の家”の建て方始まる

作業の進む室内の様子。

作業の進む室内の様子

日本の伝統構法である板倉の家*1の建て方*2が始まりました。長年研究されて一部で高い評価を得ていましたが、東日本大震災での木質系の仮設住宅として建設されたところ、同じ工費でありながら金属製の仮設住宅に比べたいへん居心地が良いということで多くのマスメディアによって取り上げられ評判になりました。 (続きを読む…)


2013年8月12日

金鳥居通りの家をリフォーム

中の間から玄関方向を見る。大阪障子が適所に配されています。

中の間から玄関方向を見る。大阪障子が適所に配されている

平成25年8月11日、山梨県富士吉田市にある住宅のリフォーム工事が竣工しました。この住宅は、芯去り柱*1をはじめ質の高い材料を使い、職人の端正な仕事が見られる昭和初期の建築です。こうした質が高く美しい建築物は手を入れながら長く使い続け、次世代に引き継がれていくことが出来るもの。その良い例として施主様はリフォームを決意しました。 (続きを読む…)


2013年8月5日

聖徳太子像を担いで富士登山

5合目から見る富士山頂。

5合目から見る富士山頂。

平成25年8月3日、弊社社長の石川が「聖徳太子像富士登山」というイベントに参加しました。山梨県富士吉田市新倉にある如来寺に保管されている聖徳太子騎馬像を背負って登り、江戸時代に太子堂があったとされる8合目の山小屋“太子館”に祭って法要をするというものです。 (続きを読む…)


2013年8月4日

上棟式セット社寺版が完成

作成スタッフで記念撮影。右から弊社大工の志村、松永、井上棟梁、近山、中央はふるさと建築の田揚裕子さん。

作成スタッフで記念撮影。右から弊社大工の志村、松永、井上棟梁、近山、中央はふるさと建築の田揚裕子さん。

平成25年8月3日、日本工学院大学八王子キャンパスのオープンキャンパスにて、当社が制作を担当した上棟式キットを使った体験プログラムが行われました。このセットは以前、制作した“こども上棟式セット”を気に入った工学院大学から「ぜひ社寺版を造って欲しい」との希望があり実現しました。 (続きを読む…)


2013年8月3日

インターンシップの大谷君

指導に当たった杉本棟梁と一緒に茅の運搬。

指導に当たった杉本棟梁と一緒に茅の運搬

平成25年7月29日〜8月2日の一週間、山梨県立ろう学校高等部1年の大谷君がインターンシップにやってきました。当社社長の石川と、ろう学校教員の雨宮清貴さんが友人というご縁からはじまった今回の受け入れ。大谷君本人が、お父さんが鳶職ということもあり進路には建築関係を希望しているということで決まったお話でした。 (続きを読む…)


2013年7月31日

西方(さいほう)寺本堂と薬師堂の耐震改修

耐震改修された竣工後の本堂外観。

耐震改修された竣工後の本堂外観。

平成25年7月31日、山梨県大月市にある金花山西方寺の本堂と薬師堂の耐震改修工事が完了しました。当社として遠妙寺、佐久神社、大公寺に続いての耐震改修工事でした。今回の本堂の工事は、耐圧板で基礎を新設し、制振ダンパーを取り付けるというものです。 (続きを読む…)