トピックス

2016年5月13日

原茂園:ハートを見つけて!

玄関ポーチ前に敷き詰められた直径9cmの玉石 HARAMOの文字は黒石で字を書いて周りに白石を囲んだもの

玄関ポーチ前に敷き詰められた直径9cmの玉石。HARAMOの文字は黒石で字を書いて周りに白石を囲んだもの

甲州市勝沼にある原茂園のワインレストラン「カーサ・ダ・ノーマ」に食事に来ました。実は、本年1月~3月にかけて弊社で園内の歩道などの外構工事を行ったのですが、この中にハート形の敷石があったというのです。
(続きを読む…)


2016年4月5日

羽村取水所:陣屋門の茅葺き工事完了

右に茅葺棟梁の加々美、左に工事監督の石川 奥は大谷内・新津の若手職人二人

右に茅葺棟梁の加々美、左に工事監督の石川 奥は大谷内・新津の若手職人二人

陣屋門は、羽村取水所陣屋跡(羽村市指定旧跡)に残る唯一の建造物です。江戸幕府は飲料水確保のため、承応二年(1653)羽村から四谷大木戸間に玉川上水を完成させました。この上水道の取締り水門・水路・堰堤の修理・改築など、上水管理に関する仕事を処理するために、ここに役所(陣屋)が置かれました。その入り口として建設されたのが陣屋門です。
(続きを読む…)


2016年4月1日

国登録有形文化財 旧ヤマジュウ田村家住宅

東蔵・西蔵 一棟約30㎡の土間を、共に床張りし多目的に利用予定

東蔵・西蔵 一棟約30㎡の土間を、共に床張りし多目的に利用予定

東京都福生市にある旧田村家の主屋、蔵ほかの改良工事が完了しました。この住宅の旧所有者である田村家(屋号は仐ヤマジュウ)は、明治44年(1911)に旧福生郵便局を住宅の向かいに開設しました。大正時代になると局内で電報電話業務を、その後電話交換業務を始めるなど、旧福生村の発展につながりました。
(続きを読む…)


2016年3月31日

宮光園の「門、塀及び庭園復元工事」完了

南門の復元修理完了。大和塀と板塀を新設

南門の復元修理完了。大和塀と板塀を新設

勝沼町にある「宮光園」の名は、明治のワイン醸造家「宮崎光太郎」に由来します。現在、邸内に残る建造物群(甲州市指定文化財)や、宮崎家に伝わった葡萄酒醸造風景の写真など多くの資料は、日本における明治期のワイン生産を知る上でたいへん貴重な産業遺産です。このうち今回は二つの門と塀及び庭園の復元修理工事が行われました。
(続きを読む…)


2016年3月30日

日本建築を通しての異文化交流

ちょうど桜が満開。旅の良い思い出になるでしょう

ちょうど桜が満開。旅の良い思い出になるでしょう

この春、桜が満開の頃の話です。ご縁があって、東京大学大学院の和田準教授と学生25名(14名のラテンアメリカの学生含む)を案内することになりました。普通のツアーでは体験できないことを…とのことで弊社に白羽の矢が。
(続きを読む…)


2016年2月29日

ガードレールが消えた?!

ご覧のガードレールが消えます

ご覧のガードレールが消えます

甲州市は甲府盆地や扇状地に広がるぶどう畑等の眺望景観が素晴らしいまち。中でも「勝沼ぶどう郷駅」は、改札を出ると目の前に「ぶどうの丘」が広がります。先日行われた「駅から景観」改善事業(第二弾)に、弊社社長の石川が参加しました。
(続きを読む…)